第5回 日本臨床知識学会学術集会の発表に登壇しました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で「知識の構造化と活用、その組織的取り組み」をテーマとした一般演題(口演)に登壇しました。
開催日:2021年2月13日

オンライン開催です。

テーマ:医療機器取扱いの安全対策実装のための情報共有における構造化情報と半構造化情報の有用性比較に関する考察

外部サイトに移動します:第5回 日本臨床知識学会学術集会ウェブサイト

 

The ACM Chapter International Conference on Educational Technology, Language and Technical Communication (ETLTC)で招待講演に登壇しました

開催日:2021年1月25日

オンライン開催です。

テーマ:”Digital Transformation of Communications” from the viewpoint of the usefulness of information
ACM(Association for Computing Machinery:外部サイトに移動します)の国際会議における招待講演に、当社社長の黒田聡が京都大学大学院医学研究科非常勤講師、および一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会評議員の立場で登壇しました。

韓国 カトリックサンジ大学でヘルスコミュニケーションの講義をしました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で登壇しました。

開催日:2021年1月15日

テーマ:ヘルスコミュニケーションの実践
カトリックサンジ大学の社会福祉学科で学び、日本の介護施設への就職をめざす学生を対象に、職務に役立つ「ヘルスコミュニケーションの実践」について講義しました。

カトリックサンジ大学での講義

第63回自動制御連合講演会の論文集に研究論文が掲載されました

第63回自動制御連合講演会の論文集に研究論文が掲載されました。
科学技術情報発信・流通統合システム「J-STAGE」で公開されています。

公開日:2020年12月14日

外部サイトに移動します:
田中 一行, 関 雅代, 黒田 聡, 大西 公平, 溝口 貴弘(2020)「リアルハプティクス技術と複合現実技術を用いた袋状食品包装の空気漏れ検査システムの開発」

本論文は、慶應義塾大学、モーションリブ株式会社との共同研究によるものです。

慶應義塾大学、モーションリブ株式会社との共同研究の成果を特許化しました

2018年から2020年に慶應義塾大学ハプティクス研究センター、モーションリブ株式会社と共同研究した成果の特許化に成功しました。

特許番号:第6807589号

発明の名称:状態判定システム、状態判定方法、及び状態判定プログラム

出願日:2020年3月31日

※本特許は、学校法人慶應義塾、モーションリブ株式会社との共同特許です。
※本特許は、知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言の対象外です。

日本臨床知識学会学会誌 第1巻に研究論文が掲載されました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で執筆した研究論文(実践報告の短報)です。

公開日:2020年12月25日

短報(実践報告):黒田聡、小山 和彦、篠原 智誉、藤井 清孝、吉田 哲也(2020)「安全対策実装の阻害要因を緩和する情報共有のしくみの考案及び実証的研究の推進体制の構築」(717KB)

日本臨床知識学会の学会誌は、以下のURLからどなたでもアクセスできるオープンジャーナルとなっています。
外部サイトに移動します:
日本臨床知識学会 学会誌

第5回大阪大学豊中地区研究交流会で発表しました

開催日:2020年12月17日

オンライン開催です。

主催:

大阪大学大学院理学研究科、文学研究科、法学研究科、経済学研究科、基礎工学研究科、言語文化研究科、国際公共政策研究科、高等司法研究科、国際教育交流センター、総合学術博物館、サイバーメディアセンター、全学教育推進機構、COデザインセンター

テーマ:
医療機器操作支援のためのAI利用とコミュニケーション・デザイン
ポスター「医療機器操作支援のためのAI利用とコミュニケーション・デザイン」(486KB)

本研究は、篠原 智誉氏(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻)と黒田との共同発表です。
2019年12月17日に黒田が発表した「ハンズフリーデバイスを用いたコミュニケーション技法の開発」を引用した研究です。

 

韓国 カトリックサンジ大学でヘルスコミュニケーションの講義をしました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で登壇しました。

開催日:2020年12月5日

テーマ:ヘルスコミュニケーションの基礎
カトリックサンジ大学の社会福祉学科と看護学科の学生のみなさんを対象に「ヘルスコミュニケーションの基礎」について講義しました。

カトリックサンジ大学での講義1

TCシンポジウム2020 On the Webでのセッションに登壇しました

開催日:2020年11月18日

オンラインライブ配信で発表しました。
当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

テーマ:
製品・サポート情報のマネジメント概論~制作ディレクションのデジタルトランスフォーメーションに取り組むために~
第2トピック「標準制作工程各論(旧制作工程との違いを学ぶ)」

京都大学大学院医学研究科2020年度後期健康情報学Ⅰで講師を務めました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で登壇しました。
ヘルスコミュニケーション、リスクコミュニケーション、テクニカルコミュニケーションについて、現場で発生している課題解決に必要な知識・技術としての実用性について講義しました。

開催日:2020年12月4日

開催場所:京都大学大学院医学研究科

テーマ:健康情報を巡る話題
~読みやすい、わかりやすい、正確な表現とは何か~
テクニカルコミュニケーション視点からの提言

オンラインセミナー《いよいよ産業に応用されるリアルハプティクス技術》で発表しました

開催日:2020年11月27日

主催:川崎市(経済労働局) 、慶應義塾大学 新川崎 K2タウンキャンパス

テーマ:リアルハプティクス技術と複合現実技術を用いた袋状食品包装の空気漏れ検査システムの開発
・本発表は、慶應義塾大学、モーションリブ株式会社との共同研究の成果です。
・オンラインでのリアルタイム配信で発表しました。

外部サイトに移動します:
オンラインセミナー《いよいよ産業に応用されるリアルハプティクス技術》

第63回自動制御連合講演会で発表しました

開催日:2020年11月20日-21日

主催:計測自動制御学会(幹事学会)、システム制御情報学会、日本機械学会、化学工学会、精密工学会、電気学会、日本航空宇宙学会

テーマ:リアルハプティクス技術と複合現実技術を用いた袋状食品包装の空気漏れ検査システムの開発
・本発表は、慶應義塾大学、モーションリブ株式会社との共同研究の成果です。
・オンラインでのリアルタイム配信で発表しました。

tcworld Conference 2020の発表に登壇しました

開催日:2020年11月6日

オンラインライブ配信で発表しました。

テーマ:
Health Communications – Thinking of Communication Methodologies with the Corona Era –
(ヘルスコミュニケーション ~ウイズコロナ時代のコミュニケーション技術を考える~)

イベントサイト(外部サイトに移動します):
tcworld Conference

TCシンポジウム2020 On the Webでのセッションに登壇しました

開催日:2020年10月7日、8日、9日

オンラインライブ配信で発表しました。
当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科 非常勤講師の立場で発表しました。

テーマ:
客観的事実と受容できる事実~伝え手の認識と受け手の認識の間にあるもの~

TCシンポジウム2020 On the Webでのセッションに登壇しました

開催日:2020年10月7日、8日、9日

オンラインライブ配信で発表しました。
当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

テーマ:

  • 認知心理学からTCの表現術を見直す~理解、共感を得やすい表現を探るために~
  • テクニカルコミュニケーションのDXを考える~つくる編~どう変わる?新常態における製品・サポート情報のつくり方
  • 第二回テクニカルコミュニケーションリデザイン学術研究会
  • 製品・サポート情報のマネジメント概論~制作ディレクションのデジタルトランスフォーメーションに取り組むために~

TCシンポジウム2020 On the Webでのセッションに登壇しました

開催日:2020年8月27日、28日

オンラインライブ配信で発表しました。
当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

テーマ:

  • テクニカルコミュニケーションのDXを考える~つたえる編~
    あなたならどうする? 新常態における製品・サポート情報のつたえ方
  • 製品・サポート情報のマネジメントを学ぶ~概論編~
  • TCを対象とした学術研究の今 ~第1回TCリデザイン学術研究会報告~

会津大学との共同研究に着手しました

ISEは、会津大学(*)(生体医用情報工学講座(**):情報システム学部門部門長:陳 文西 教授)と産業人材育成と産業創成につなげる共同研究を開始しました。
同講座が保有する生体信号モニタリング技術で得られたデータを解析し、共同研究を通じて「生命や健康の現場」に役立つ知識や情報を導く技術の確立を目指します。

*会津大学
https://www.u-aizu.ac.jp/

**生体医用情報工学講座(Biomedical Information Engineering Laboratory)
http://bitlab.u-aizu.ac.jp/

陳教授の研究は、2020年7月11日(土)に郡山市内で開催された「第3回福島テックプラングランプリ」において表彰を受けられました。
https://www.u-aizu.ac.jp/information/3.html

 

大阪大学COデザインセンター春・夏学期 表現術(工学コミュニケーションの基礎)2020で指導教員を務めました

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター招へい准教授の立場で登壇しました。
工学研究者に求められる、テクニカルライティング入門、工学倫理、そして、テクノロジー経営の現状、の3つの柱についてレクチャーと実習をおこない、それらの能力を育成します。

開催日:

  • 2020年4月9日(木)
  • 2020年4月16日(木)
  • 2020年4月23日(木)
  • 2020年4月30日(木)
  • 2020年5月7日(木)
  • 2020年5月14日(木)
  • 2020年5月21日(木)
  • 2020年5月28日(木)
  • 2020年6月4日(木)
  • 2020年6月11日(木)
  • 2020年6月18日(木)
  • 2020年6月25日(木)
  • 2020年7月2日(木)
  • 2020年7月9日(木)
  • 2020年7月16日(木)

※すべてオンラインで講義をしました。

テーマ:

1.テクニカルライティング入門:

  • ロジカルライティングとテクニカルライティング
  • わかりやすい文章を書くテクニック
  • 読み手に伝わる文章のテクニック
  • 読みやすさを高める文章フォーマット
  • ユーザーマニュアル・トリセツ(取扱説明書)の実践
  • 提案書
  • 障害レポート
  • 社外メール文
  • ポスター

2.工学倫理:

  • チャレンジャー号事件
  • 三菱自動車リコール隠し事件
  • エキスポランド・ジェットコースター事故
  • みずほのシステムトラブル

3.テクノロジー経営の現状:

  • AIを使った業務改善と体験価値の創造
  • 拡張現実(AR)とコラボレーティブ・インテリジェンス

 

この他に、イノベーションのジレンマ入門(4月9日から7月16日の全15回)にも教員の一人として登壇しました。

 

The ACM Chapter International Conference on Educational Technology, Language and Technical Communication (ETLTC)での発表に登壇しました

開催日:2020年1月27日

開催場所:福島 会津大学

テーマ:Technical Communication in the Digital Transformation Era
ACM(Association for Computing Machinery:外部サイトに移動します)の国際会議における招待講演に、当社社長の黒田聡が大阪大学COデザインセンター招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で登壇しました。

第4回 日本臨床知識学会学術集会の発表に登壇しました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で登壇しました。

開催日:2020年1月25日

開催場所:東京(東京大学)

テーマ:安全対策実装の阻害要因を緩和する情報共有のしくみの考案及び実証的研究の推進体制の構築
「知識化」をテーマとした一般演題(口演)に登壇しました。

第三回京都医工連携カンファレンス定例会で基調講演を行いました

開催日:2020年1月19日

開催場所:京都

テーマ:
現場の課題解決につながるマニュアルの作り方~業務マニュアル作成に大切な情報収集・要件抽出から情報伝達まで~

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

京都大学大学院医学研究科2019年度後期健康情報学Ⅰで講師を務めました

当社社長の黒田聡が、京都大学大学院医学研究科非常勤講師の立場で登壇しました。
ヘルスコミュニケーション、リスクコミュニケーション、テクニカルコミュニケーションについて、現場で発生している課題解決に必要な知識・技術としての実用性について講義しました。

開催日:2019年12月20日

開催場所:京都大学大学院医学研究科

テーマ:健康情報を巡る話題
~不確実性のもとで意思決定に役⽴つ情報をつくり、つたえ、つかう技術~

第4回 大阪大学豊中地区 研究交流会で発表しました

開催日:2019年12月17日

開催場所:大阪(大阪大学)

主催:大阪大学 大学院理学研究科、文学研究科、法学研究科、経済学研究科、基礎工学研究科、言語文化研究科、国際公共政策研究科、高等司法研究科、国際教育交流センター、総合学術博物館、サイバーメディアセンター、全学教育推進機構、COデザインセンター

テーマ:
ハンズフリーデバイスを用いたコミュニケーション技法の開発

ポスター「ハンズフリーデバイスを用いたコミュニケーション技法の開発」(688KB)

 

中国テクニカルコミュニケーションフォーラムで発表しました

開催日:2019年12月7日

開催場所:中国 北京(北京大学)

主催:中国標準化協会、中国テクニカルコミュニケーション連盟、中国テクニカルコミュニケーション教育連盟

テーマ:
テクニカルコミュニケーションとヘルスコミュニケーションの相違点と共通点について

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

リアルハプティクス技術協議会第8回フォーラムで共同研究事例を報告しました

開催日:2019年11月29日

開催場所:神奈川

主催:リアルハプティクス技術協議会、慶應義塾大学パブティクス研究センター

研究テーマ:物流現場における袋状包装食品の空気抜け検査ツールの研究開発

tcworld Conference 2019での発表に登壇しました

開催日:2019年11月12日

開催場所:Stuttgart, Germany

テーマ:
テクニカルコミュニケーションとヘルスコミュニケーションの相違点と共通点について
About the Points of Differences and Points in Common between Technical Communication and Health Communication

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

テクニカルコミュニケーション・リデザイン学術研究会での発表に登壇しました

開催日:2019年10月10日

場所:京都

テーマ:医療現場における情報提供とそのエビデンスのあり方の見直しに関する研究

TCシンポジウム2019(京都)での発表に登壇しました

開催日:2019年10月9日~11日

場所:京都

テーマ:医療現場の機器使用トラブルの解消にコミュニケーション技術を活かす

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

情報処理学会 第114回ドキュメントコミュニケーション研究発表会で発表しました

開催日:2019年9月28日

開催場所:東京

テーマ:断片化するインフォメーションをどうつたえ,どう管理するか:人材育成視点での考察
当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

論文:黒田聡・池田光穂(2019)「断片化するインフォメーションをどうつたえ,どう管理するか:人材育成視点での考察」(990KB)
※ここに掲載した著作物の利用に関する注意
本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

TCシンポジウム2019(東京)での発表に登壇しました

開催日:2019年8月28日

場所:東京

テーマ:

  • テクニカルコミュニケーターの未来を描く!
    ~ AI 活用を見据えて~
  • 目次構造に依存しない情報提供とプロセス管理の両立を目指して
    ~情報利用者と情報作成者の間のコミュニケーションのギャップを埋める技術の探求~
    本発表は、テクニカルコミュニケーションシンポジウム2019論文集の以下の論文に基づいた内容です。
    論文:Prof. Dr. Wolfgang Ziegler・黒田聡(2019)「インテリジェントコンテンツ配信のためのセマンティックインフォメーション(意味情報)開発」

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

大阪大学COデザインセンター春学期 テクニカル・コミュニケーション(表現術)2019で指導教員を務めました

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター招へい准教授の立場で登壇しました。
技術的側面をもつ情報をリテラシーが異なる相手に伝える技術(テクニカルコミュニケーション)について、伝えたいことを伝えるだけでなく相手が知りたいことに応える技術、相手のリテラシー変容を促して意思決定を共有する技術、AI時代に大量生産されるAI発信情報の質と有用性を評価する技術として講義します。

開催日:

  • 2019年4月11日(木)
  • 2019年4月18日(木)
  • 2019年5月9日(木)
  • 2019年5月16日(木)
  • 2019年5月23日(木)
  • 2019年5月30日(木)
  • 2019年6月6日(木)

開催場所:大阪大学吹田キャンパス

テーマ:

  • テクニカルコミュニケーションとは何か。需要、社会的貢献、技術、適用事例 から学ぶ
  • アカデミックライティングとの違いは何か。情報源、社会的役割、技術、適用 対象から学ぶ
  • 読み手(ユーザー)指向の徹底。プロセスから学ぶ
  • 読み手(ユーザー)指向の徹底。求められるのは5W1H+1E(Experience)
  • ライティングのコツ。情報デザインの視点から学ぶ
  • 表現設計のコツ。認知科学の視点から学ぶ
  • コンプライアンスでリスク低減。知的財産権だけではない法令要求を学ぶ

1st ACM Chapter Research Seminar on Technical Communication and Information Designでの発表に登壇しました

開催日:2019年1月28日

開催場所:福島 会津大学

テーマ:Four Missions Pertaining to Redesigning for Technical Communication
会津大学とKarlsruhe University of Applied Sciencesの交流における基調講演に、当社社長の黒田聡が大阪大学COデザインセンター招へい准教授(Guest Associate Professor)として登壇しました。

会津大学での発表(2019年1月28日)

京都大学大学院医学研究科2018年度後期健康情報学Ⅰで講師を務めました

当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター招へい准教授の立場(外部講師)で登壇しています。
ヘルスコミュニケーション、リスクコミュニケーション、テクニカルコミュニケーションについて、現場で発生している課題解決に必要な知識・技術としての実用性について講義しました。

開催日:2018年12月21日

開催場所:京都大学大学院医学研究科

テーマ:健康情報を巡る話題
~不確実性のもとで意思決定に役⽴つ情報をつくり、つたえ、つかう技術~

情報処理学会 第111回ドキュメントコミュニケーション研究会で発表しました

開催日:2018年11月26日

開催場所:東京

テーマ:ドキュメントコミュニケーションの4つのリデザイン:AI時代に向けて
当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。

論文:黒田聡・池田光穂(2018)「ドキュメントコミュニケーションの4つのリデザイン:AI時代に向けて」(616KB)
※ここに掲載した著作物の利用に関する注意
本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

TCシンポジウム2018(京都)での産学共同ポスターセッションで発表しました

開催日:2018年10月5日

場所:京都

テーマ:
テクニカルコミュニケーションの4つのリデザイン:SDGs時代へ
当社社長の黒田聡が、大阪大学COデザインセンター 招へい准教授(Guest Associate Professor)の立場で発表しました。
ポスター「テクニカルコミュニケーションの4つのリデザイン:SDGs時代へ」(985KB)

TCシンポジウム(京都)でのポスターセッション

慶應義塾大学ハプティクス研究センターとの共同研究に着手しました

2018年8月23日

ISEはリアルハプティクス技術(*)の産業分野での活用をめざし、慶應義塾大学ハプティクス研究センター(**)と共同研究を進めることになりました。リアルハプティクス技術の応用により、フィールドワークの高付加価値化を図り、社会課題の解決に貢献する技術とソリューションの実用化を目指します。

*リアルハプティクス技術:慶應義塾大学ハプティクス研究センターホームページから抜粋
現実の物体や周辺環境との接触情報を双方向で伝送し、力感触を再現する技術。
慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュートの大西公平特任教授、理工学部システムデザイン工学科の野崎貴裕専任講師らが開発。

**慶應義塾大学 ハプティクス研究センター:http://haptics-c.keio.ac.jp/