文書のどこを変更したかマーキングしたい

FrameMakerプラグインでは、変更箇所を視覚的に管理できるため、管理コストの低減が可能です。改訂情報を「レビジョン(校)」単位で管理し、各校でどの段落が変更されたかをマーキングできます。マーキング状態で作成したPDFを活用することで、協同作業者とのコミュニケーションロスの低減に貢献します。

詳しくはこちらをご覧ください:
変更箇所の見える化

関連項目